家庭教師アルバイトの達人

家庭教師のアルバイトをしてみたいけど、コミュニケーションの取り方が分からないと仰る方に、コミュニケーションの取り方について説明します。

家庭教師のアルバイトをしてみたい!

アルバイトで家庭教師をすることになりましたが、生徒と上手くコミュニケーションを取るには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

コミュニケーションの取り方について、説明します。

まず、生徒と保護者と仲良くなることです。

初対面のときは、誰でも緊張し、固くなっております。

顔合わせの日は、雑談から始め、相手の緊張を解いてあげましょう。

雑談の中で、得意な科目、苦手な科目、学校での授業内容などを取り交ぜ、会話をされると良いと思います。

また、少し内気なタイプの生徒には、イエス、ノーの返事をするだけで済む質問形式をとってあげると、心を開いてくれやすく、コミュニケーションが取りやすくなります。

ただ、アルバイトだからといって、いつもいつも雑談をしていると、生徒や保護者から不信感を持たれることもありますので、雑談は短時間で済ますよう、気をつけましょう。

最後に、教え方についてですが、基本は、生徒の能力に合わせ、一緒に歩む姿勢を取ることです。

生徒は、みんなができる子供ではありません。

苦手な科目があるからこその、家庭教師なのです。

すべての教科が苦手で、成績が悪い生徒の場合は、まず、一番苦手な科目から始め、苦手意識を無くすことを考えましょう。

学校の授業で理解できなかったことは、家庭教師に習う。

この図式ができると、家庭教師が来ることを楽しみにしてくれるようになります。

生徒と信頼関係を築くには、一緒に勉強するという姿勢を示すことが、もっとも重要なのです。

■家庭教師のアルバイトを始めるにはこちらのサイトがお役に立ちます!⇒家庭教師のエントリ